topimg004.gif

topside.gif

内視鏡検査

kensa1.jpg胃内視鏡検査では鼻、あるいは口から内視鏡を挿入し、食道、胃および十二指腸を観察して、潰瘍、ポリープ、がん、炎症などの病気の診断を行うことを目的としています。  初台あらいクリニックでは先進の画像処理技術を搭載した経鼻内視鏡システムを導入しており、苦痛の少ない検査を可能としております。レントゲン検査とは違い直接観察しますので、炎症の程度判定や早期がん発見のた病理組織検査を行うことがあります。またヘリコバクター・ピロリ菌の有無も検査できます。

超音波検査(エコー検査)

kensa2.jpg超音波検査(エコー検査)は、人に聞こえない数MHz~十数MHzの高い周波数の音波を使い、身体の中の状態を調べる検査です。超音波検査は、肝臓・胆道・膵臓・腎臓といったお腹の中の臓器全般から、心臓や血管・乳腺・甲状腺など、肺や気体のある部分と骨の奥以外の検査が可能です。超音波検査(エコー検査)は、X線やCTのように放射線の被曝もなく、とても安全な検査なので産婦人科の診察でお腹の中の赤ちゃんの発育具合を検査するのにも使われています。 検査時には痛みもなく、結果もすぐにわかることから体への負担が少ない検査です。

心電図検査

kensa3.jpg心電図は心臓の筋肉が収縮する度に発生する微量の活動電流の変化から、心臓の病気を発見します。
心電図の健康診断結果では狭心症、心筋梗塞、不整脈、心臓肥大、心膜炎、冠動脈不全、高血圧症、動脈硬化症などを疑うことができます。


レントゲン検査

kensa4.jpgレントゲン検査は多くの肺の病気やおなかの病気の診断に有効です。また、頭や手足の骨に異常が無いかなど、その場で診断をすることが可能な検査です。



骨塩定量検査

kensa8.gif手のレントゲンを撮るだけの簡単な検査で骨のもろさを計る検査です。骨粗しょう症(骨がもろくなる病気)の診断に役立ち、現在ご自分の骨がどのような状態であるのか?同年代に比べて丈夫なのか?が解るいわゆる「骨年齢」をみる検査です。

脈波検査

kensa5-2.jpg脈波図検査は、手と足の血圧の比較(ABI)や脈波の伝わり方(PWV)を調べることで、動脈硬化の程度を数値として表したものです。この検査を行うことにより動脈硬化(血管の老化など)の度合や血管の詰まり具合を検出することができます。

乳腺検査

AG016_L.jpg乳がんは、かつて欧米人に多いとされていましたが、ライフスタイルの変化などから近年日本人にも急増してきました。女性だけではなく、男性も発症することがあります。しかし乳がんは、早く発見すれば治る病気です。 もし乳房にしこりを触れたのなら、迷わずに検査を受けましょう。良性のしこりであることが多いのですが、癌との区別は検査をしないとわかりません。たとえ触れたものが癌だとしても、まだ早期である可能性は十分にあります。一番避けなくてはいけないのが、受診を先送りにすることです。 当クリニックでは、触診・超音波で乳がん検診を行います。

健康診断(定期健診・企業健診)

kensa6.jpg入社時健康診断、定期健康診断など各種健康診断のご予約を受け付けております。健診内容などお気軽にお問合わせ下さい。
健診内容、料金はこちら



予防接種・自費診療

各種料金表はこちら

side200_01.gif
side200_02.gif
side200_03.gif
side200_04.gif
side200_05.gif

sign.png

blog-bar02.jpg