予防接種ページ

予防接種イメージ

各種ワクチン接種を実施しています

当クリニックでは、主に成人を対象にしたインフルエンザワクチン、肺炎球菌ワクチン、肝炎ワクチンの接種を、それぞれ行っております。細菌やウイルスなどの病原体からつくったワクチンを接種することで免疫をつけ、特定の病気になりにくくする。あるいは、たとえその病気になったとしても軽く済むように行うのがワクチン接種です。
なお、インフルエンザワクチン以外は予約となりますので、お電話にてお問合せ下さい。

インフルエンザワクチン

インフルエンザウィルスイメージ

インフルエンザとは

インフルエンザウイルスによる急性呼吸器感染症をインフルエンザと言います。このウイルスに感染すると1~3日くらいの潜伏期間を経て発症し、38℃以上の高熱、頭痛、関節痛、筋肉痛、寒気などの全身症状が現れるほか、普通の風邪と同じように、喉の痛み、鼻水、せきなどの症状も見られます。高齢者や基礎疾患をお持ちの方では、肺炎を併発するなど、重症化するケースがあります。

インフルエンザの予防

インフルエンザの感染を予防するには、手洗いやうがい、適度な湿度の保持、十分な休養、バランスのとれた栄養摂取、あるいは感染した可能性がある場合の咳エチケットが必須とされています。そのほかにも、インフルエンザを予防する有効な手段として、流行前のワクチン接種があります。ただインフルエンザの予防接種をしても、100%インフルエンザを防ぐことができるわけではありません。インフルエンザワクチンにはインフルエンザの発症をある程度おさえる効果や、かかっても重症になるのを防ぐのに一定の効果が期待できます。万が一インフルエンザになってしまったとしても軽い症状で治まり、まわりの人に感染するのをおさえる効果も期待できます。インフルエンザウイルスは毎年少しずつ性質を変え、異なるタイプが流行するので、それに対抗するために、予防接種も年ごとに行う必要があります。

インフルエンザワクチンの接種時期

インフルエンザワクチンは、接種してから効果が出るまでにおよそ2週間かかり、その効果は約5ヵ月間持続します。インフルエンザは例年12月~翌3月頃に流行することを考えますと、毎年10月下旬~12月頃に接種するのが適切ではないかと思われます。当クリニックでは10月からインフルエンザの予防接種を開始します。年末にかけて、忙しい時期とインフルエンザの流行の時期が重なりますので早めに対策をされることをおすすめします。

※個人様のご予約は必要ありません。
職場など、集団で接種を希望される場合はご予約ください。

肺炎球菌ワクチン

肺炎とは

病原微生物(主に細菌やウイルスなど)が肺に感染して炎症を起こした状態です。肺炎は、呼吸器の防御機能が病原微生物を排除できなかった場合や、病気やストレスなどのために免疫力が落ちている時など、感染力が防御力を上回った際に、病原微生物が上気道から下気道、そして肺にまで入り込んで感染してしまう症状をいいます。日本人の死亡原因の第3位(1位がん、2位心臓病)が肺炎です。とくに高齢者(肺炎で亡くなる方のおよそ95%が65歳以上)や基礎疾患を持っている方などは肺炎にかかりやすく、しかも治りにくい傾向にあります。

肺炎球菌ワクチンの接種で肺炎を予防

肺炎を予防する有効な手段として、肺炎球菌ワクチンの接種があります。肺炎の原因菌で最も多いと見られるのは、肺炎球菌(大人の肺炎の20~40%は、この菌が原因と言われる)です。肺炎球菌ワクチンは、肺炎球菌による肺炎などの感染症を予防し、重症化を防ぎます。ただ、すべての肺炎を予防できるわけではありませんので、ワクチンを接種したからといっても、うがい・手洗い・口腔衛生など日常生活上の予防対策は怠らないでください。

5年以上の間隔を空けて接種

肺炎球菌ワクチンの接種時期につきましては、1年を通していつでも可能です。ただし、接種後5年以内に再接種を行うと、注射部位の痛みが強く出ることがありますので、再接種される場合は、間隔を5年以上空けてください。接種の年月日は、忘れないようにメモ等に記しておいてください。

インフルエンザワクチンの併用接種で予防強化

インフルエンザワクチンの接種を併せて行うことは、肺炎予防の強化につながります。そのため、肺炎の予防には、肺炎球菌ワクチンだけでなく、インフルエンザワクチンの併用接種が推奨されています。

成人用肺炎球菌ワクチンの接種が奨められる人

  • 65歳以上の方
  • 養護老人ホームや長期療養施設などに居住されている方
  • 慢性の持病(COPDなどの呼吸器疾患、糖尿病、慢性心不全、肝炎や肝硬変などの慢性肝疾患)をお持ちの方 など

肝炎ウイルスワクチン

肝炎ウイルスは、A型~E型までタイプがあり、型によって食べ物を摂取することで感染したり、血液や体液を介して感染していきます。これらウイルスに感染すると肝臓が炎症などを起こすので、肝炎ウイルスと呼ばれています。当クリニックでは、A型とB型の肝炎ウイルスワクチンを接種することができます。

A型肝炎

A型肝炎ウイルスにより引き起こされる疾患がA型肝炎です。このウイルスは便から排出されますが、このウイルスに汚染された食べ物を摂取する(ウイルスを持っている調理人の手から食べ物に付着したり、A型肝炎ウイルスが自然に集まった貝を生で食べたりするなど)ことによってうつります。約1ヵ月の潜伏期間を経て発症し、発熱や倦怠感、黄疸(おうだん)が現れます。多くは数週間の入院で治癒し、後遺症も残りません。症状は気づかないほど軽いケースもありますが、“劇症肝炎”と言って命にかかわる病態になることもあります。同ウイルスに関しては、衛生状態の改善もあり、日本国内では自然感染の機会が激減しています。ですので、60歳代以下の日本人の方のほとんどが免疫を持っていません。そのためワクチンの接種は、流行地と言われている東南アジアなど、海外へ渡航する際にお受けになることをお勧めします。

B型肝炎

B型肝炎は、B型肝炎ウイルスに感染している人の血液や体液を介して感染することにより起こる疾患です。感染経路としては、母子感染や後天性の性的接触・輸血・臓器移植・刺青・針刺し事故などがあり、B型肝炎は感染した時期や健康状態によって、「一過性感染」で終わる場合と6ヵ月以上にわたって感染が持続する「持続感染」とに分けられます。持続感染している方が発病すると、B型慢性肝炎になります。医療関係者など、血液や体液に接しやすい職業の方は、B型肝炎の予防接種を受けておく必要があると思われます。

クリニック概要

医院名
初台あらいクリニック
診療科目
胃腸科、内科、外科、肛門科
住所
東京都渋谷区代々木4-32-1 トーシンビルミレニアム4F
最寄駅
初台駅東口出口(オペラシティ)より徒歩3分、南口より徒歩4分
TEL
03-5302-1707
外来診療時間 10:00 - 13:00
外来 外来 外来 外来 外来 外来
往診診療時間 15:00 - 18:30
往診 往診 往診 往診

※往診の診療時間は医師不在となりますので外来診療時間にご来院ください。
休診日:水曜午後、土曜午後、日曜、祝日