痛風ページ

痛風イメージ

高尿酸血症(痛風)とは

痛風は正式には「高尿酸血症」と言います。身体の細胞は、新陳代謝を毎日行うことで、新しくつくり変えられています。その結果、細胞の核からプリン体という物質が生成され、このプリン体が尿酸の元になります。高尿酸血症とは血中の尿酸が過多になった状態(7.0mg/dL超)になることです。尿酸が蓄積すると血中に溶けきらなくなって結晶化し、手足などの関節に溜まって激しい痛みを引き起こします。これが痛風(発作)なのです。高尿酸血症では、まず食事・運動療法によって尿酸値を下げることが大切です。場合によっては尿酸の生成を抑える薬や尿酸の排泄を促す薬などが処方されます。治療では尿酸値6.0mg/dL以下を目標にゆっくりと下げていき、下がった数値はしっかり維持するようにします。

クリニック概要

医院名
初台あらいクリニック
診療科目
胃腸科、内科、外科、肛門科
住所
東京都渋谷区代々木4-32-1 トーシンビルミレニアム4F
最寄駅
初台駅東口出口(オペラシティ)より徒歩3分、南口より徒歩4分
TEL
03-5302-1707
外来診療時間
  日・祝
10:00~13:00 ×
午後 × × × × × × ×

午後は往診のため、院内は医師・スタッフともに不在となりますので予めご了承ください。
※外来診療時間にご来院ください。

外来休診日:午後、日曜、祝日